テアトルアカデミー(劇団コスモス)の評判と詳細情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

テアトルアカデミー/会社紹介

tatl01

このページではイクメンパパお気に入りのプロダクション「テアトルアカデミー」の評判と詳細情報を紹介していきます。ここはイクメンパパの娘もお世話になったプロダクションですので、個人的意見や感想などを踏まえて説明していきますね。

 

テアトルアカデミー(劇団コスモス)の歴史は古く30年以上の実績と信頼で業界でもトップクラスであることは間違いないです。(特にベビー&キッズはNO,1)

そして、ここ数年でスター子役タレントを多数輩出しています。ちなみに、鈴木福くんや小林海人くん・谷花音ちゃんなどはテアトルアカデミーの 赤ちゃん部門出身なんですよ。

*1990年 厚生労働省許可済み

tatl1

 

・・・「テアトルアカデミーに登録する」へ⇒

 

テアトルアカデミー/レッスンについて

レッスンについて、まずは下の動画をご覧下さい。

イクメンパパより一言
この動画に登場している講師は小野 桂子先生です。この業界での長い経験と保育士もやってますので、ほんとに信頼できますね。

実はイクメンパパも大変お世話になりました。特にメンタル面の相談によく乗ってもらいました。レッスン以外での娘との接し方とか他のお子さんのと接し方など・・・

ここでレッスンと卒業までの流れを簡単に説明しますね。

動画でもありましたが、赤ちゃん部門のレッスンでは表現レッスン・鑑賞レッスン・知育開発・情操教育があります。

レッスンの頻度ですが曜日や時間など、仕事をやっているママパパとしては気になるところだと思います。

イクメンパパが通った東京校では都合に合わせてレッスンを組むことができました。

他校の場合は相談してみると良いと思いますよ。赤ちゃんの体調とかあると思いますので・・・。

 

入会当時はイクメンパパも、未経験でいろいろ不安だったのですが、全然大丈夫でしたよ。

講師やサポートが本当にしっかりしているので安心ですね。こういうところは、大手プロダクションの良いところだと思います。

また、赤ちゃん部門の場合、付き添いは必須ですのでママパパも体調管理には気をつけないといけませんね。

 

あと、卒業までの流れとして修了期間は、基本は退学しない限り中学生までみたいですよ。

なので、赤ちゃん部門が終わると次はこども部門に自動的に行くみたいです。

そして卒業すると類プロダクションやATプロダクションやその他関連プロダクションなど契約することができるようになります。

 

イクメンパパより一言
レッスンは、ほとんどママが一緒だったのですが、私もよく付き添いました。レッスンを受けて娘の成長がほんとに著しかったです。

最初は泣くこともあったのですが、そのうちレッスンを楽しむようになったり、ほかの子には人見知りだったのがコミニュケーションを取るようになったりと・・・・・・・

そして、今考えるとママパパも成長しましたね。例えば芸能界のマネージャー活動のこととか・・!(^^)!かなり勉強はしましたよ。

でも、ホントに子供と一緒に成長できるところは良かったです。

 

テアトルアカデミー/仕事の流れについて

赤ちゃんモデル部門の仕事もTVや映画とかCM・アニメ・舞台そして雑誌・イベント等、様々なジャンルの仕事がありますね。

卒業とか関係なく赤ちゃんモデルだと、入学後すぐに仕事をしていた子もいました。

 

出演料もやはり、仕事の内容によって違うみたいです。これはどこの事務所も同じです。

ただ、イクメンパパも勘違いしていたのですが入学したからといって必ずしも仕事があるわけではないです。

お子さんの成育とかその制作の設定とか条件に合うものを紹介してもらえます。

あと、専属マネージャーとかもつきません。基本仕事ごとに決まったマネージャーがいるのでその人とのやり取りですね。

 

テアトルアカデミー/料金(費用)

料金はキャストネットとは対照的で、決して安くはないですね。

やはり、レッスンなどのアカデミックなことやモデル・タレントとしてのノウハウを学べるということで事務所によっては高額なところもあるようです。

tatl2

*(現在キャストネットキッズの年間費は16,200円【税込】です。)

 

イクメンパパより一言
イクメンパパも入会当時は正直「高いなぁ~」て思いました。 たしか赤ちゃん部門で25万~28万位だったと思います。

でも、 家族で得たものは大きかったので今となっては入って良かったと実感しています。

28万だとしても月23,000円です。大切な赤ちゃんの時期にあの教育を受けて 今の娘があるんだと思うと本当に貴重ですね。

 

テアトルアカデミー(劇団コスモス)/実績

下の表は過去の全タレント出演実績の一部です。あの高視聴率ドラマもありますね。

tatl3

本当に有名どころが多くそこにばかり目が行ってしまいますが、イクメンパパの経験上他にも全く無名な仕事もたくさんあるんですよ。

たとえば、某大手スーパーのイベントとかテアトルアカデミーがスポンサーしているTVや雑誌・広告などの仕事です。

 

*イクメンパパが入会して印象深かったのは、一緒に入会した赤ちゃんなのですが「さっそく仕事がきた!」といって喜んでいたママさんがいました。

「早っ!」と思ったので今でも思い出します。そういうこともあるんですね。

 

下の円グラフは実績を集計したものです・・・・

tatlen

キャストネットと比べると圧倒的に、TVやCMが多いことがわかります。

これは、子役、キッズモデル等のマスメディアの露出がかなり多いことを指します。

つまり、人気子役になるとパパママよりも稼いでしまうということもありえるということです。

 

せっかく、決して安くはない入会費用などを払っているのですから自分の子が高視聴率ドラマに出演してもらいたい!というのは親の本音ですよね・・・

 

テアトルアカデミー/スタッフの価値基準!?

さて、上記の表やグラフを見てお分かりだと思いますが、テアトルアカデミーのベビーキッズの活躍は著しくどのチャンネルを回してもどの雑誌を見てもテアトルの子達が目立ちます。

なぜテアトルの赤ちゃんや子供達はそんなに活躍しているのでしょうか?

理由のひとつにテアトルアカデミーの会社概念があります。

 

その概念とは「人々の生活を明るく勇気づけ歓びを与える感動産業」というものです。

これは、TVやその他のメディアを通して見る人を勇気づけたり夢を与えたり感動を提供するという意味です。

そして、この概念のもとテアトルアカデミーは「どう理解し、実現させていくか」という事をスタッフ一人一人に考えてもらいスタッフ自ら考え答えを出して行動する、という基準があるみたいです。

 

つまり、テアトルアカデミーのスタッフは芸能人とは「人が人へ夢や希望や感動を提供している職業」ということをタレントやモデルに教えるために、どうすればいいか?を常に考えて行動しているということですね。

このスタッフの価値基準が近年、スター子役やタレントが育っている要因であることは間違いないですね。

 

管理人より一言
テアトルアカデミーのスタッフは、もちろんみなさん素晴らしいですがイクメンパパが驚いたのは、レッスンなどの教育システムやカリキュラムです。

とにかく、「子供や赤ちゃんの事を徹底的に熟知しているなぁ」と思える仕組みになっています。

そして、そのシステムは お子さんの才能を引き出すレッスンなんです。

つまり、完成されたシステムで しっかりとタレントやモデルになっていくようになっています。

 

最後に管理人から・・

イクメンパパが、テアトルアカデミーに入会して気づいたことは思っている以上にスタッフが私たち家族の事を考え行動していることです。

実は最初、イクメンパパはすごく軽い気持ちだったんです。

でもレッスンや一所懸命教えてくださるスタッフに感銘し「もっと真剣に向き合わなければ・・」と思うようになりました。

 

そして、スタッフの思いは赤ちゃんにも伝わるんですね。

うちの娘は人見知りなところがあったのですが、2週間後には誰にでもニコニコするようになりましたよ。

 

イクメンパパもママも、たくさん勉強させていただきました。

何よりもスタッフとうちの家族がひとつの目標に向って行き、それが達成した時の感動を分かち合えたことは一生の宝物です。

入会して、もちろん仕事がいっぱいあって人気モデルや人気子役になれればそれはすごく本望だと思います。

しかし、うちの場合は思っているほど仕事はなかったですね。

特に赤ちゃん部門は、その時のお子さんとか親の状態などで決まりますので。

 

なので、お金儲けとかの視点ではなく親と子の成長という視点で入会することをおすすめします。

現在、娘は4歳になりますが、本当に積極的に自分の判断で行動する子供です。

テアトルアカデミーに入っていなかったら今は無かったかもしれません。

そして、今「どうしよう?」か迷っているママパパは、まずはオーディションを受けてみては?

・・・無料なのでいい経験と思います。

 

オーディションもおそらく家族がひとつになる貴重な時間です。

経験するだけでも価値はあると思いますよ。

あと、もしかしたら隠れた才能を開花するかもしれませんし・・・(実際に開花した子もいました!)

少なくても、イクメンパパは今でもそう思っていますけど・・スーパーな親バカなので(*^_^*)

 

・・・「テアトルアカデミーのオーディションを受けてみる」へ⇒

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。